株主優待券ってどうお得なの?どんな会社があるの?

知ってる人は得してる!これを見たらあなたにとっての旅行に対するイメージが前よりも身近に感じるかも? - JALの株主優待券を発券機で申し込む

JALの株主優待券を発券機で申し込む

株主優待券を利用して「予約を行う」のではなく、空港で自動チェックイン・発券機を利用して予約をしたり購入をしたいと考えていらっしゃる方もいるでしょう。
急なフライトなどというときには、発券機を利用することもよくあるかと思います。
では、JALの株主優待券を利用しての流れと言うものについてお話して行きたいと思います。
架空九項には、自動チェックイン・発券機というものが設置してあります。
発券用のコードを登録済みであっても、株主割引券や株主割引代替券に記載されている発券用のバーコードを利用する必要があります。
この際「バーコードリーダー」にかざすということになります。
ですから、割引券はかならずご持参ください。
もし、お持ちで無いという場合は、空港内にあるカウンターで購入するという形になります。
発券機の「航空券購入」を選択し、しばらくは画面に沿って操作を進めましょう。
すると「株主優待券買取ならACチケットのバーコードをかざしてください」という画面が出てくるかと思いますのでかざしてください。
株主割引券発券用のバーコードですが、スクラッチ形式になっています。
ですから、そちらのほうを削ってかざす形となります。
こうして購入をすると、eチケットお客様控えというものが発行されるような仕組みとなっています。
流れとしては難しいものではありませんので、株主優待券を利用して初めて発券作業を行うという方でもスムーズに進めていただけることと思います。
この株主割引券ですが回収というものは行っておりませんので、自分自身で破棄する形となります。
なお、先に発行されたお客様控えですが、保安検査場・登場口の端末にバーコードをかざす必要がありますので保管しておきましょう。
非常に簡単ですので、その便が満席であるなどという場合を除けば期間を問わずとも発券は可能となっております。
期間内であればどなたでも利用することが出来ます。
ただし、発券ですが搭乗する便の「定刻20分前」までに購入をしなくてはなりませんので、時間は気にされたほうが無難かと思います。
またこの株主割引ですが「小児株主割引」と言う設定もありますので、お子様の分を発券したいなどという時にも利用していただくことが可能です。
こうして株主優待券をりようして飛行機をより活用できるかと思います。
割引率も高いので、交通手段の1つに飛行機と言う選択肢が広がるのでは無いでしょうか。
他の割引券との重複はできませんので、1番お得で状況にあったもので発券をするというのが良いかもしれませんね。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫

更新情報

△PAGE TOP